モイ臭

山羊の匂いというと、動物園の匂いを連想する人も多いかもしれない。雄の山羊は体臭がきついそうだが、うちのモイさんは雌なのでほとんど臭わない。

ここで言う臭わないは「臭くない」と言う意味であるが、嫌な匂いは全くしない。
尾をピンと上げ、ところ構わずコロコロとうんちをする。草ばかり食べる山羊のフンは無臭である。小豆より一回り大きなモイさんのフンは拾い集めて土に混ぜ、花壇や梅林の肥料にしている。(乾燥させたら着火剤になるかなと、やってみたけどダメだった)

しかし、モイさんから体臭が放たれる日がある。長く続く雨の日だ。
少し雨に濡れたその体からは、なんとも形容し難い獣の匂いがする。決して嫌な匂いではないのだが、いい匂いでもない。

モイさんの山羊小屋は僕らがくつろぐリビングのすぐ隣のテラスにある。僕らがテレビを観たり本を読んだり、パソコンを開いたりしている姿を、モイさんはガラス一枚隔てて済ました顔で見ている。

山羊は雨に濡れるのを嫌うので、雨の日にはその小屋から動こうとせず、ネクストバッターボックスの4番打者がピッチャーを観察するかのように、くちゃくちゃ口を動かしながら僕らを観察している。
隙あれば、ツノで戸を開けリビングに入ってくるつもりである。ある日、いつの間にか戸を開けて入ってきたモイさんが、猫と並んで座りテレビを眺めていたことがある。

匂いに話を戻そう。
雨が続く3日目くらいからは、ガラスの向こうから、その獣臭がフワッと漂ってくることがある。

僕らはこの匂いを「モイ臭」と呼んでいる。決して嫌な匂いではないが、深呼吸して味わいたい香りでもない。それは、「もう仕方がないなぁ」と諦めるような愛しさを感じる匂いである。
これを読んでくれているあなたが、もし彼女と会う機会があれば、モイ臭がどんなものか、ぜひ感じて欲しい。
「モイ臭を聞く」も、のらのプログラムに加えておこう。(^^)
モイモイ

火曜日はカレー曜日♪

和歌山県古座にある「南紀くまのいえ」へ行って来ました。ここはゲストハウスなのですが、毎週火曜日、本格的なスパイスカレー&カフェがオープンします。

本日のカレーは、A.秋の野菜カレー、B.くまのいえビーフカレー、C.本日のスペシャルカレーでした。いつもどれにしようか悩む私は2種盛りをチョイス!あれこれ食べてみたい人は3種盛りもできます。秋の野菜カレーは、ネパール風で根菜がたくさん入っていました。定番の「くまのいえカレー」はビーフとチキンを選べます。今日のスペシャルカレーはバターチキンでした。キノコやレンコンなどの秋野菜がたっぷり入っているのが嬉しい!

辛いカレーが苦手な私は完食できるか心配だったのですが、優しい辛さとスパイシーな香りにスパイスカレーのイメージが変わりました!またオーナーである平松さんの気さくで温かいお人柄に、ついつい長居をしてしまいます。

実は、先月オープンした「くまの里山体験のら」のホームページを作ってくださったのもグラフィックデザイナーでもある平松さんです。新しくホームページを作りたいと、ご相談をしたところ「ホームページは財産ですから」という平松さんの言葉に心を打たれました。約5ヶ月間、古座から浅里まで何度も足を運んでいただき、何度も話し合いを重ねて完成しました。パソコンが得意でない私たちですが、これから少しずつ日々の出来事を綴っていきます。そしてホームページは完成しましたが、これからも火曜日にはカレーを食べに行きたいと思います♪